2016年10月15日

どもり(吃音)を、早く治したいです。普通に喋ったり、会話がしたいです心療内科や心身クリニックで、どもりを治したり、改善できる薬はあるのでしょうか?

■質問
どもり(吃音)を、早く治したいです。
普通に喋ったり、会話がしたいです。

診療内科や心身クリニックで、どもりを治したり、
改善できる薬はあるのでしょうか?

特に会社の電話は、絶対と言っていいほど、
どもります。

もう、怖くて電話を取ることが
出来ないくらいです。

自分の名前ですら、どもります。

どもり治療薬などに詳しい方からの、
アドバイスをいただけないでしょうか?

どうかよろしくお願いします。


■回答
私も吃音なので、その気持ち痛いほどわかります。

今まさにあなたと同じような状態...

掛かってきた職場の電話に出るときに
「もし声が出なかったらどうしよう...」
という不安と底知れない恐怖感で
パニックになります。

心臓バクバク、ツライですね。
笑い事ではありません。

まず、どもりを直すためには、
「どもる事は”恥ずかしい”事」という気持ちを
捨てることです。

・絶対どもってはいけない!
・どもる事は恥ずかしいこと...

というような間違った考え方を持っている
かぎり治りません。

因みに吃音に対する薬はありません。

あったとしても、精神安定剤飲まされて、
ひたすら発語練習させれるだけで、
これは一時しのぎにしかなりません。

そもそも、声が出ない状態を
「難発」と言いますが、

「難発」は「連発」の発展した状態。
いわば、どもりに対する防衛本能。

これは思春期から成人に多く見られます。

「あ、、、このままでいくと、
次のフレーズでどもるな、、ヤバい!」

とどもりの気配を感じた途端、
無意識に声帯を閉じてしまうのです。

第一声が出なくなるのはこの為です。

どもることなら声を出さない方がマシだと、
無意識に防衛本能が作動してしまうのですね。

人間の脳は大したものです。

その防衛本能を作動させないためには、
「あ、、、ヤバい」と思わない事です。

どもりに対する「予期不安」がなおさら
難発を生んでいます。

まずは、どもることから始めてみてはどうでしょう。
「別にどもってもいいや」くらいの気持ちで
人と積極的に向き合いましょう。

確かに勇気のいることですが、
吃音を克服するにはこれが最良の近道です。

どもることに恥ずかしさを覚えなくなれば、
自然と「予期不安」が無くなり、
スムーズに話せるようになります。

そうすれば、話すことに自信を覚えて、
克服への道はすぐ目の前です!

いつも応援しています。




posted by 管理人 at 20:55| どもりの悩み・相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。